1997年3月19日、衛藤晟一 「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」と断定され