1997年12月23日、下村博文 「戦後五十二年たった今日だからこそ、東京裁判史観からの脱却であり、反日的自虐