1950年5月3日、鈴木武雄 「朝鮮の経済がこのやうなミゼラブルな状態から、併合後僅か三十数年の間に今日見るやう