1977年4月1日、石原慎太郎 「水俣の患者施設で、若い患者が「水俣病を放置してきた行政の責任を認めずに話し合