2013年5月13日、橋下徹 「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、どこかで休息を