1988年5月9日、奥野誠亮 「東京裁判をどう評価するかということでございますけれども、私は勝者が敗者に