1997年6月13日、鶴岡公二 「補償の問題についても平和条約締結の時点ですべて解決をされることになります。