2020年11月23日、鈴木信行 「外国人留学生の起業を支援するため、最長2年間の在留を認める新制度を始めるのだ。