2020年4月12日、長尾敬 「今後も武漢ウィルスと読み続けます。なぜ京都が出てくるのですか。京都が火元のウィルス