2019年3月26日、鈴木信行 「通勤中のフィリピンボーイが声をかけてくれました。外国人労働者を受け入れたとしても