2019年1月28日、桜井誠 「長崎地裁の判決により、長崎市が韓国に住む鮮人に被爆証明のないまま被爆者手帳を交付しました