2018年11月22日、桜井誠 「我が国の父祖の名誉に拭い難い傷を負わせ、売春婦(いわゆる従軍慰安婦)らに一国の代表者