2018年2月1日、鈴木信行 「占領政策の一環である母体保護法を改正を訴え、「堕胎に高いハードルを設ける」と選挙で