2018年1月4日、桜井誠 「韓国併合期に女学生が日本語で書いた日記が公開されています。日記には「何をしても