2004年6月1日、石原慎太郎 「最近、教育の現場をはじめ様々な場面で、男女の違いを無理矢理無視しようと