1965年3月15日、椎名悦三郎 「私は、両国の間にお互いにこれが生きていく道であるという合意のもとにさよ