1997年3月13日、長谷川潤 「常に人間を差別するものと、差別されるものとに分割しまして、常に差別がないと