1963年1月26日、池田勇人 「第二の、朝鮮を併合してからの日本の非行に対しては、私は寡聞にして十分存じて