1958年6月、沢田廉三 「三十八度線を鴨緑江までおしかえし、そこに設けることは、日本外交の任務であり、