2016年2月1日、曽野綾子 「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』を忘れてしまっていませんか?」「『いくらでも