サッカー差別監視ボランティア


2014年、「JAPANESE ONLY」という横断幕を浦和レッズサポーターが掲げたレイシズム事件が大きな問題となりました。この時には、罰則として日本初の無観客試合や、サポーター団体の解散などの措置が取られました。

しかし、その後も、サッカー界におけるレイシズム(人種差別)はなくなっていません。日本でプレーする外国人選手に対する差別的ツイートや、スタジアムで掲げられる旭日旗が何度も問題となっています。

そこで、私たち反レイシズム情報センター(ARIC)は、FAREと連携してサッカーにおけるレイシズムをなくすためのプロジェクトを立ち上げます。

FAREとは、ヨーロッパ35か国でサッカーにおけるレイシズム問題に取り組む最も大きい国際NGOです(http://www.farenet.org/)。FAREは、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)、FIFA(国際サッカー連盟)と連携して、サッカーにおけるレイシズムを監視・記録、通報する試合監視プログラム(Match Day Observer scheme)を実施しています(http://www.uefa.org/social-responsibility/respect/no-to-racism/)。

私たちARICはそうしたFAREの活動に賛同し、試合監視プログラムの研修を受けて、日本で唯一の監視プログラム参加団体となりました。今後、日本代表の国際試合や、Jリーグの試合を中心に、サッカーにおけるヘイトスピーチ・レイシズムの問題に取り組んでいきます。

レイシズム問題に取り組みたい学生、サッカーが好きな学生は、ぜひサッカーレイシズム監視の運営ボランティアに参加してみませんか?興味のある方はぜひ説明会にお越しいただくか、ARICまでご連絡ください!

また、活動には参加できない方も、ぜひネット上のレイシズム監視にご参加ください!通報フォーム[リンク]からご参加いただけます。

 

◆サッカー差別監視プログラム

  • サッカー界におけるレイシズムを監視・証拠収集します。
  • 発見したレイシズムは、FAREを介してFIFA、JFAに通報し、適切な措置を求めます。
  • サッカー界におけるレイシズムをなくすことを通じて、日本社会に反レイシズム規範(ルール)づくりを目指します。

 

◆学生ボランティアにできること

  • スタジアム内での、レイシズムの監視 :試合会場へ実際に行き、コールやチャント、バナー、旗に差別に当たるものがないか監視します。あれば撮影・録音等により記録し、FAREに通報します。
  • サッカーに関連した報道・SNS等でのレイシズム行為の監視 :新聞や雑誌の記事、TV中継などの報道機関におけるレイシズムや、Twitterなどでのサッカーファンや観戦者のレイシズムを収集し、FAREに通報します。
  • サッカーにおける反レイシズムについての広報・イベント :何がレイシズムに当たるのかを周知し抑制するために、広報活動やイベント活動を行います。
  • レイシズム実態についての学習会 :日本におけるレイシズムの実態や海外との違いなど、レイシズム問題について学習会で学びます。

 

関心のある方は、各地の個別説明会にお越しいただくか、お問い合わせのページからARICまでご連絡ください!