1997年12月23日、山口泰明 「私の現時点での判断は、従軍慰安婦の強制連行という存在が客観的史実の確証が