2016年12月6日、鈴木まりこ 「事実かどうかは別として、この問題は通り一辺倒では通用しない!私が提唱している