1946年8月17日、大村清一 「只今椎熊君より我が國の治安状態の現状に鑑みまして、熱誠なる、又痛烈なる緊急