1997年3月13日、長谷川潤 「同和差別、部落差別というのが、今、ほとんど現実にないわけです。なくなると困