2017年7月21日、桜井誠 「本当に愚かな民族です。そもそも戦時動員された人数は全国で22万人であり、そのうち


発言内容〔前略〕本当に愚かな民族です。そもそも戦時動員された人数は全国で22万人であり、そのうちの5分の1がこの小さな島に送られたとする法螺話自体に無理があるのです。ちなみに、民斡旋(アルバイトニュースのようなもの)では14万7000人、官斡旋(ハローワークのようなもの)では30万人が来日しています。しかし、民斡旋も官斡旋も「斡旋」と名がつくように強制ではなく、本人の意思で日本で働き賃金を得ていました。動員令が半島でも発令されたのは昭和19年(1944年)からであり、日本側は最後の最後まで朝鮮人たちの意思を尊重していたことが分かります。反日妄想で凝り固まった韓国人に何を言っても無駄ですが、当時日本は戦争を行っており、戦争中は朝鮮人も率先して大日本帝国の一員として戦った戦友でした。戦争が日本の敗戦で終わると、朝鮮人らは掌返しで戦勝国民を気取って日本国内で暴れまわり、手が付けられなかった彼らを半島に返すべく二度にわたって帰還事業、帰国事業が行われています。にも拘らず、それでも日本に残ったのが在日一世と呼ばれる輩だったのです。あれから七十年以上が経ちました。日本は在日問題、朝鮮問題に区切りを付けて新たな道を歩むべきであり、私たちの子供や孫の世代にまで、この問題を引き継がせてはならないと考えます。
発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2017/7/21
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 【強制労働の真実】 軍艦島に朝鮮人戦時動員?
掲載日時2017/7/21
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12294408140.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: