2017年7月13日、鈴木信行 「不法滞在などが発覚して国外退去を求められている外国人を帰国させるための「旅券発給


発言内容不法滞在などが発覚して国外退去を求められている外国人を帰国させるための「旅券発給」をイラン、トルコ両大使館が拒否している。 旅券が発給されず日本に留まっている外国人は両国で数百人に上る。 外国人には、違法薬物の売買や窃盗など刑事罰の対象になった者も含まれる。 難民申請するなどして収容を一時的に解かれる「仮放免」となる事例もある。 難民申請は10倍に増えているのだ。 治安維持上、重大な懸念が指摘されているのである。 日本の入国管理体制は甘すぎる。 国外退去させるために当該国から旅券が発給されないのならば、 強制労働にでも従事させるべきであり、仮放免などもってのほかである。 旅費を稼がせたら、親切に当該国に向けて片道切符で飛ばすか、船に乗せて行方不明になるか選択させたらよい。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/7/13
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 国外退去を拒否して残留できる犯罪外国人の現状はおかしい!
掲載日時2017/7/13
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12292188507.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: