2017年5月31日、鈴木信行 「北朝鮮がミサイル販売のプレゼンテーションを繰り返している。新たに開発した精密誘導


発言内容北朝鮮がミサイル販売のプレゼンテーションを繰り返している。 新たに開発した精密誘導システムを導入した弾道ミサイルの発射実験に成功し、7メートルの誤差で目 標点に命中したと主張している。 ミサイルは日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾している。 日本や米国の艦船などを精密に攻撃できることを示唆しているのだ。 これら一連の北朝鮮の行為は日本に対する敵対行為だ。 日本が準備すべきことは、 迎撃ミサイル配備ではない。 弾道ミサイルの開発。 北朝鮮のミサイル基地を破壊できる攻撃力を保持することだ。 北朝鮮危機は欧米の危機ではない。 日本の危機なのである。 それにしても今時火病韓国に行くのもどうかと思うが、 北朝鮮に行く日本人がいることに驚きびっくりだ。 外国政府、取り分け中共・朝鮮と組み日本国内で反日活動を行う勢力を征伐し、 国民を守るスパイ防止法が必要だ。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/5/31
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 日本のEEZ内に北朝鮮ミサイル着弾が続く!持つべきは攻撃力!
掲載日時2017/5/31
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12279405242.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: