2017年5月29日、長谷川豊 「この動きが広まっていることを心から歓迎する。■<痴漢冤罪保険>加入急増「逃げるよ


発言内容この動きが広まっていることを心から歓迎する。 ■<痴漢冤罪保険>加入急増「逃げるより、まず弁護士を」(毎日新聞) 私が痴漢の冤罪をテレビで取り上げたのは過去3回。インタビューは4人に行なった。いずれも正確な裏取りをして、本当に冤罪だった人物たちだ。 が、彼らは完全に無罪であるにもかかわらず、あまりにむごい人生を送らされていた。 会社はクビになり、一方的に妻からは離婚され、しかも世間の目はあまりに冷たかった。 心を折らずに一部の人間だけは必死に抵抗。 ある裁判では痴漢の被害を訴えた女性は、その日、彼氏とケンカをした憂さ晴らしに大人しそうなサラリーマンを痴漢に仕立て上げただけだったことが裁判上で証言された。 その程度の冤罪事件を、何年もかけなければ立証できないのが痴漢。 日本には「疑わしきは罰せず」という大原則がある。 が、それが痴漢やセクハラという「女性を守りましょうね~」という方向になった途端にないがしろにされていっている。 分かる。 確かに肉体的に女性は弱い。 ある程度のアドバンテージはあった方が良いという事は私でも分かる。 が、痴漢の冤罪は行き過ぎなのだ。 痴漢は許してはいけない。 が、被害女性の方も、もう少し何とかならないか? もう少し、確実な証拠を残せるような…なんらかの工夫は出来ないだろうか…とか思ってしまう。それほどに冤罪はむごたらしい。 まず専門家である弁護士に話を通すことは正しい選択だ。 痴漢は国家犯罪だと私は思っている。 1件でも悲しい冤罪事件が減ることを心から祈りたい。
発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2017/5/29
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 <痴漢冤罪保険>加入急増「逃げるより、まず弁護士を」(毎日新聞)
掲載日時2017/5/29
掲載元URLhttp://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/50130776.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: