2017年5月16日、鈴木信行 「車の運転中にウインカーを点滅させる行為は「今から車線を変更しますよ」という意思表


発言内容

車の運転中にウインカーを点滅させる行為は「今から車線を変更しますよ」という意思表示だ。

隣の車線ですぐ後方を走る車は当然スピードを落とすと思うのだが、火病韓国では逆にスピードを上げて車線変更を邪魔するケースが後を絶たない。

 

この行為は「割り込ませないぞ。車線は絶対に譲らないぞ」という攻撃的意思表示だ。

韓国交通研究院のソル・ジェフン研究員は

「社会的地位が高く保有財産が多いドライバー、つまり社会的強者ほど報復運転に対するためらいが小さい傾向があるようだ。つまり報復運転は強者が弱者に加える暴力という側面があることが、今回の研究で分かった」とコメントしている。

 

「報復運転」というのは、

割りこまれたら幅寄せ、

延々と追跡

といった嫌がらせをすることだ。

最悪の場合は、車を当てるか、降りて手でぶん殴るか。

 

火病韓国では

学歴が高ければ高いほど、

成功者であると思っているほど、

攻撃的な報復運転になるそうだ。

 

両班気質というのか。弱者を見下しているのだろう。

韓国では社会的に成功すると、昔の両班になったつもりになるのだろうか。

 

割り込みのウインカーを見たら、

「奴隷の分際で割り込むとは生意気だ」という特権意識か。

 

韓国人に謝ったらこちらが奴隷と思われるから、

決して下手に出たらいけないというヒントだな。

 

日本人にもいるけどね、朝鮮両班気質の人。

 

因みに韓国は自動車事故が多い。

運転免許も乗らずに数日で取得できる危険な国だ。

発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/5/16
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 韓国では高学歴高収入ほど攻撃的報復運転をする
掲載日時2017/5/16
掲載元URL

http://ameblo.jp/ishinsya/entry-12275058115.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: