2017年5月6日、川東大了 「そもそも、竹島を侵略している敵国の国に移住した5万人。有事の際に日本に帰って来


発言内容そもそも、竹島を侵略している敵国の国に移住した5万人。 有事の際に日本に帰って来る時のは仕方ないとしても、中には韓国人の子供であったり、場合によっては韓国人の旦那とかも一緒に日本に来る可能性もある。 つまり、避難民を装って破壊工作員が紛れ込む危険性がある。 自国の竹島を侵略したり、或いは同胞を拉致するような敵国に移住した5万人の救助の為に、敵国の破壊工作員を少なからず国内に入れてしまうリスクを善良な日本人が受忍させられる理由などない。 どのような判断基準で、救助(日本国内に帰国を許可)の対象にするのか明確にして欲しいね。 勿論、日本人が日本に帰って来る事は拒めない。 しかし、朝鮮人との間に生まれた韓国籍の子供(ハーフ)や、旦那(や嫁)は「日本を侵略している敵国の民族」である。 最低限「竹島は日本の領土」「韓国は日本を侵略しています」との認識の確認は必要である。
発言者川東大了
所属大阪府枚方市議会議員立候補
所属団体元維新政党・新風
発言日時2017/5/6
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2017/5/6
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/860688137118285824
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: