2017年5月6日、川東大了 「冬の山に「今日は暖かいから」と言って、手ぶらで登山して遭難した奴の救助を税金か


発言内容冬の山に「今日は暖かいから」と言って、手ぶらで登山して遭難した奴の救助を税金から全て出すなんて、納得は得られないはず。 戦争中の国に自分の意思で移り住んだ奴が、戦災に巻き込まれても「自己責任」そのものだと思う。 仮に救助するにしても、相応の「自己負担」は請求すべし。 戦災の危険性を充分に承知して移住してる奴だから、戦災に巻き込まれて死んでも本望な奴って事でしょ。 世の中には、本人の趣味で断崖絶壁を命を懸けて登る奴とか居るし、他人に迷惑さえ掛けなければ、好き勝手に「危険」を楽しんだらいい。 チョンコの国に住むって、そういう事でしょ。
発言者川東大了
所属大阪府枚方市議会議員立候補
所属団体元維新政党・新風
発言日時2017/5/6
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2017/5/6
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/860675430587580416
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: