2017年4月6日、鈴木信行 「米中首脳会談が行われる。主題は北朝鮮の核開発だろう。朝鮮半島の一方の当事者であ


発言内容米中首脳会談が行われる。 主題は北朝鮮の核開発だろう。 朝鮮半島の一方の当事者である火病韓国は、現在国内統治能力を欠いている。 中共にとっても他人事ではない。 北朝鮮の核開発基地は中共と160kmしか離れていないのだ。北朝鮮のミサイルも射程距離内であり、万が一の時には中共が受ける被害も大きい。 そして中共人民解放軍の北部戦区の軍隊は北朝鮮国境に集中しているのだ。 中共が「北朝鮮の思うようにはさせない」と考えていたら、北朝鮮は脅威を感じているはずである。 米国が北朝鮮に、これ以上の核開発を許すか否か。 許さない。 火病韓国も呑気だが、日本も森友学園の問題などよりも、国会で安全保障についての議論が必要な時である。 北朝鮮は現実にミサイルを発射しているのだ。 長嶺駐韓国大使と森本総領事が帰任したが、 朝鮮半島が危険ならば渡航制限が必要だ。 日韓にはビザの復活こそすべきではないのか。 日韓合意の失策が後を引いているのだ。 日韓合意は無視され、 釜山の慰安婦像どころかソウルの慰安婦像も撤去されない。 半島有事の際に、 火病韓国は日本の自衛隊は韓国の許可が無しには朝鮮半島に上陸できないとほざいている。 その通りだ。 火病韓国を助けるために日本の若者の血は流さない。 だが、拉致被害者奪還のためなら平壌侵攻は当然実行すべきだ。 韓国の許可など必要ない。 日本は核防衛と核抑止力のために核武装すべきである。 北朝鮮を殲滅できるだけの力を得てこそ平和を維持できるのだ。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/4/6
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 米中首脳会談後の朝鮮半島!日本は半島に出るべきか?防災と核防衛を議論しろ!
掲載日時2017/4/6
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12263054356.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: