2017年3月26日、鈴木信行 「3月20日午後11時半ごろ、東京・台東区の上野公園で、頭に鉄パイプが刺さった状態で


発言内容

3月20日午後11時半ごろ、東京・台東区の上野公園で、頭に鉄パイプが刺さった状態で歩いている支那人(中国人)男性を通行人が発見し、119番通報した。

男性は、病院に搬送され重傷だが、命に別条はないという。

鉄パイプは、直径およそ1cm、長さ20cm程のもので、男性の額から右側頭部にかけて斜めに刺さっていた。

警視庁は、支那人同士のトラブルとみて、当時の状況などを調べている。

 

支那人同士だから起きた事件ではない。

日本人が相手でも犯人の支那人は相手の頭に鉄パイプを刺しただろう。

 

日本はすでに移民を受け入れている。

外国人が増えれば外国人犯罪が増えるのも当然だ。

 

経済協力開発機構(OECD)は統計上、「国内に1年以上滞在する外国人」を移民と定義している。

 

移民流入者が多いのは

欧州181万人、

北米88万人、

アジアも57万人だが、

驚くことにアジアの内4割以上の24万人を日本が受け入れているのだ。

出身国別で1万人未満の流入を含めると日本は34万人である。

 

ドイツ134万人、

米国102万人、

英国50万人、

韓国41万人に次ぐ。

 

平成26年の外国人流入は、

中共がトップで約10万人、

残りはベトナムが4万人強、

韓国2万人、

フィリピン2万人、

アメリカ2万人。

 

現行の入国管理体制のままで外国人を受け入れれば、大変なことになる。

年間4000万人も受け入れれば質の悪い外国人が増加する。

安倍政権の外国人受け入れ政策は、是非とも再考を願いたい。

発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/3/26
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 驚き!中国人の頭に刺さった鉄パイプ!移民とは?
掲載日時2017/3/26
掲載元URL

http://ameblo.jp/ishinsya/entry-12259702910.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: