2017年3月24日、小坪しんや 「というか、「朝鮮学校に寄付」している国会議員っていないんでしょうか。民進と


発言内容

〔森友学園問題に言及して〕

というか、「朝鮮学校に寄付」している国会議員っていないんでしょうか。

民進とか、共産・社民の国会議員で、です。

一条校ではないが、国交もなく「拉致被害者」の問題も鑑み、

さらに昨今ではミサイルをバカスカ撃ってくる迷惑な集団の、

民族教育と自称している「例の朝鮮学校」だ。

 

日教組の、特にチュチェ研などはやっている可能性が否定できないし、

そこを母体とする議員は「やっている」可能性が排除できない。

一人ぐらいはでてきそうものだが。

 

そもそも論になるが、自治体から「公金として支出」されているお金。

あれはいったい何なのだ。

 

寄附とは形態が異なるが、もしも「学校への寄付」が問題であるのならば、

朝鮮学校への税金の支出は、「政治的問題」「道義的な問題」「外交上の問題」が指摘される。

 

このロジックに対し、証人喚問を推進した者はなんと反論するのか。

不可能だと思う、なぜなら、今回の喚問はスタートからおかしかったのだ。

 

無理筋にも程がある。

発言者小坪しんや
所属行橋市市議会
所属団体無所属
発言日時2017/3/24
発言場所小坪しんやのHP~行橋市議会議員 ブログ
情報源小坪しんやのHP~行橋市議会議員 ブログ 不発に終わった証人喚問と、今後の予測【無駄だと思ったらシェア】
掲載日時2017/3/24
掲載元URL

https://samurai20.jp/2017/03/decision/

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: