2017年3月16日、中谷良子 「さて、上記のニュースに載っている財務局を告発した豊中市議である木村真は、あの


発言内容

さて、上記のニュースに載っている財務局を告発した豊中市議である木村真は、あの悪名高い連帯ユニオン、関西地区生コン支部と地方議員ネットワークの副代表であり、東京五輪、カジノ法案に反対している反安倍・反維新の議員です。

 

連帯ユニオンは、極左過激派であり、沖縄から機動隊を撤退させろ!という抗議を府警本部前でも定期的にやっています。彼らは日本人ではないと思います。

 

さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」保守の会会長、松山昭彦氏のブログにも木村真のことが書かれています。

森友学園追及の裏には辻元清美が出てくる

 

この木村真と盟友と豪語する極左暴力集団、連帯ユニオン近畿地方顧問である門真の悪徳戸田議員には私が大東市議会議員選挙において、ご自身の選挙区でないにもかかわらず、わざわざ私が立候補する選挙区域に出向いてこられ、朝の辻立ちで、私を貶める言葉を羅列した録音テープをスピーカーで流され、ストーカーのように付け回され、お家や電話番号をyoutubeに晒され(当時はしょっちゅう嫌がらせ電話がかかってきていました)、お手伝いくださった方や、私の親にも執拗にストーカー行為、同じく、連帯ユニオン議員ネットワークであり、反在特ネットワークという肩書のある現大東市議の光城敏雄という議員からも選挙期間前からに私は毎朝、恫喝を受けていました。私は何の組織力もないので、そこに付け込み、彼らの嫌がらせはエスカレートしていました。

 

どう考えてもこの異常なやり方は、日本人とは到底考えられません!

 

その他、この戸田議員は過去に卒業式シーズンになると国旗掲揚、国歌斉唱をしている学校に乱入し、妨害活動までしていた、いわくつきの議員であり、過去に政治資金規正法違反で有罪と公民権停止、一時は議員失職したにもかかわらず、また門真市議の議員の椅子に返り咲いているのです。

 

私の選挙での嫌がらせには、この戸田議員率いる、反辺野古基地活動家の極左メンバーも数名現れ、監視されていました。

 

このような極悪非道な人物と連携しているような豊中市議・木村真に正義をひけらかす資格などありません!

 

連帯ユニオンをご存知ない方に説明させていただきます。

 

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、いわゆる関ナマが連帯ユニオンとして有名ですが極左暴力集団、慰安婦支援団体と協力する完全な北朝鮮系で、日朝友好なにわの翼・訪朝団として2011年にも訪朝北朝鮮賛美、チュチェ思想、日本キムイルソン主義研究会の副会長は、結※久(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン阪南地区統括責任者)

 

オバマ前大統領が広島に慰霊訪問された際も、歓迎街宣をしていた私達に連帯ユニオン広島支部が妨害してきました。しかも慰霊の日に、神経を逆撫でするような何の関係もない朝鮮戦争阻止というテーマのデモまでやっていました。このような労組が、日本再建に立ち塞がっているのです。極左暴力集団に対して、企業側が強い言葉で反発するのは当然だと思います。

 

共産党・社民党・ユニオンなど、今の日本の政府の弱体化を企て、反権力、政府、天皇、国旗国歌、靖国など反社会的な要素で 赤い革命的思想を掲げる団体、組織が様々な労働者を利用して、弱者救済などと言いつつ企業を恫喝し、日本の企業の弱体化、彼らの共産主義的イデオロギーを植えつけるのが目的。

 

ブラック企業、パワハラ、セクハラ、マタハラなどこういう言葉は、左翼の作った言葉で人をだまし、印象操作し、まともな企業やまともな人までをも加害者に仕立てあげる危険性があるのです。

 

日本の企業が北朝鮮系のユニオンなどに過去から現在まで、とめどなく脅され潰され、現在の少子高齢化もこの連帯ユニオンのような日本の労組が危機を招いていると言っても過言ではなく、日本にとって必要なのは、愛国的な保守的な労組なのです。残念ながらアメリカにはこの保守的な労組というものがあっても日本は、ほとんどが思いっきり左に傾いているような労組で占められているのが現状だと思います。

 

以下は悪徳労組・連帯ユニオンの面々などが参加している外国人参政権推進デモの様子ですが、撮影者は戸田議員です。日の丸国旗に汚物のマークが描かれていることを面白おかしく茶化しているのです。このような議員と連携している木村真は果たしてまともといえるのでしょうか?

 

女性の人権を徹底的に痛めつけ、傷つけた戸田と連携している木村真は、森友学園問題の不正を追及する資格などあるのでしょうか?このような問題は全国的に徹底的に調査を行えば叩けば、わんさか埃など出てくるのです。数々の悪事を働きながら、犯罪をズル賢く反日議員と連携し、隠蔽し、闇に葬り去っている朝鮮学校などの不正も糺すべきではないでしょうか?

 

そのうえで森友学園問題を追及するのならまだしも、朝鮮学校による土地取得問題には、この豊中市議も学者も言論人も一切言及せず、森友学園のみ徹底的に追及するというのは、パヨクの皆さんの十八番である「平等」と相反することではないのでしょうか?

 

国有地の格安払い下げの恩恵を受けているのは森友学園だけではないですし、国有地の払い下げ自体が問題であるならば、同じような便宜供与がある団体も当然追及されるべきです。

 

確かにこの一件では、刑事事件の検討など、不穏な動き、籠池理事長の傲慢さが仇となり、関わったことがない方からすれば不信を抱くのも無理はありません。教育者として失格とのご意見が出るのも最もです。とにかく籠池理事長も仰っていることが二転三転しており、真相の解明を望みますし、これ以上、保護者の方々、園児たちを傷つけないでいただきたいです。

 

しかし、学校を建設するということは平坦な道のりではなかったでしょうし、日本にとって悪い教育をしていたわけではなく、日本の子供達にとっては唯一の郷土愛、独立自尊の精神、健全な愛国心を学ばせる教育機関であったわけであり、都合が悪くなると無関係を装い、保身をさらけ出す自民党は、いかがなものかと思います。

 

何度も言いますが、この問題は、森友学園のみ特化せず、朝鮮学校問題も並列して問題化されなければ整合性はありませんし、国民は納得できないのです。

 

籠池氏は自らの不徳でこのような事態に陥ったことを猛省すべき点もありますが、自民党の政治屋や官僚たちに手のひら返しされ、怒りと絶望と孤立のどん底におり、そこへしばき隊で元極左、しばき隊に在籍していた時は、寄付金の使い込みで排除され、女性に性暴行をし、訴えられている菅野完という男の、口八丁手八丁に取り込まれ、利用されつつあることを不安視しています。

 

この菅野完は、昨日のミヤネ屋というワイドショーの生中継において(以下の動画参照)、某団体名を出し、「レイシスト」という言葉を、無理矢理この騒動と結びつけ持論を展開しています。籠池理事長はこのような人物を信用し、胸中を打ち明けることは大変危険な行為だと思います。

 

ジャーナリストは実に危険な人達で、実に気分のいい人達でもあるのに注意したいものです。この男は他人の痛みなど何とも思わない、自身の利益だけを考える悪人ジャーナリストですので、お気をつけいただきたいです。「ジャーナリスト」という職業に正義はありません。

 

間違いなく過去の著作から見ても「差別」でご飯を食べる「ブラックジャーナリスト」と言っていいように思います。

 

この件に関して是非、木村議員にお話を伺いたいですし、朝鮮学校問題についても告発すべき事案はあったのではないでしょうか?

 

私がこのニュースを見た際に思ったのは、徹底的な安倍・維新潰しは当然のことながら、日本の子供達を平和ボケにさせ、日本を弱体化させる強い意図を感じています。

 

しかも腹立たしいのは、塚本幼稚園の保護者の方々と園児達の人権を守っていただく旨の申し入れに教育委員会に駆けつけた際は、とても多くのメディアが勢揃いし、取材攻勢を仕掛けていたにもかかわらず、私達がマスメディアについても厳しく指摘をさせていただいたら、全く報道されていませんでした。

 

そしてこのような、しばき隊上がりの、とんでもない悪徳ジャーナリストの囲み取材だけは人気のワイドショーなどで報道する。身内に甘く、他人に厳しい能無し役立たずのマスゴミ。心底こんな報道理念も信念も見えないメディアなど潰してしまったほうがいいと思います。存在価値などない!

 

何度も書きますが、過去に、反辺野古活動家と対峙した際に、朝鮮人と思われる活動家が私に言った言葉、

 

「この国を中から変えたる」

 

この言葉の意味を表しているのが、この現実です。

 

森友学園問題とは関係ないのですが、裁判所の令状なしでのGPS捜査が違法との判断が出ましたが、韓国だけでなく、日本も北朝鮮や支那に乗っ取られようとしているのです。日本は、憲法9条により、がんじがらめで動けず、平和ボケした人間は抵抗せず、思考停止状態。反日朝鮮人と支那人の高笑いが絶えませんね。

発言者中谷良子
所属大阪府大東市議選立候補者
所属団体無所属
発言日時2017/3/16
発言場所中谷良子のブログ
情報源中谷良子のブログ 【森友学園問題】財務局を告発した豊中市議、木村真は門真の悪徳議員一派
掲載日時2017/3/16
掲載元URL

http://ameblo.jp/ryobalo/entry-12256572787.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: