2017年3月28日、桜井誠 「韓国聯合ニュースによると、北鮮が通算六回目の核実験を数日内に行う可能性があると


発言内容

北鮮は金正恩体制に代わってから先軍政治を極端に推し進めています。金正日時代にも先軍政治は敷かれていましたが、それに輪をかけて住民は半ば奴隷のような扱いで軍に奉仕するものとの考えを吹聴しているとか。各国の制裁措置で徐々に金が尽きてきた北鮮としては、軍隊で国民をまとめるしかなく先軍政治を敷き、軍の不満を逸らすためミサイル実験や核実験を行い、更に各国の経済制裁を招くという悪循環に陥っています。そして、今回の核実験の兆候が伝えられているというわけです。

 

独裁者の考えは一般市民には分かりかねますが、しかし正恩が正気を失いつつあるのは第三者的視点に立てば誰でも同じ感想を持つことでしょう。核兵器というおもちゃをもった狂気の独裁者…行き着く先は子供でも分かる代物です。金正恩は核さえ持てば周辺諸国を黙らせる、また言う事を聞かせられると本気で考えています。戦争狂国の戦争挑発行為は一向に止む気配がありません。その時に米韓の対応はともかく、二度にわたって核の洗礼を受けた我が国では…「森友喜劇」で国中の政治家やメディアが血道をあげる、別の意味の狂気が世情を覆っています。

 

本来であるなら、もっとも北鮮に抗議し、北鮮関連施設(総連、朝鮮学校、北鮮系企業など)に制裁措置をかけ、国民に対して北鮮の暴発に備えるよう呼びかけるべき国家が、毎日毎日、登場人物全員悪党の「森友喜劇」上演ではどうにもなりません。また我が国の自称平和団体、自称反核運動など革命的パヨク連中は北鮮の核問題について一切口を閉ざしています。八方ふさがりの状況です。だからこそ、小さな声であるかも知れませんが、拙ブログで読者の皆さんに日本が危機的状況にあることをお伝えしているのです。今、そこにある危機から日本を救うために行動を!

発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2017/3/28
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 北鮮の核実験 米韓は監視体制 日本は「森友喜劇」
掲載日時2017/3/28
掲載元URL

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12260170615.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: