2017年3月19日、鈴木信行 「火病韓国の「民族問題研究所」が建設を進めている嘘ばかりの「植民地歴史博物館」は


発言内容火病韓国の「民族問題研究所」が建設を進めている嘘ばかりの「植民地歴史博物館」は、建設が大幅に遅れている。 またバカな日本人が寄付と懺悔をしている。 現在の日本からの寄付金額は 賛同金合計 ¥4,689,000 (3月2日現在)だ。 https://rekishimuseum.jimdo.com/ 植民地歴史博物館建設を日本から支援する反日左翼によると、 「日本の植民地支配や戦後補償運動に関連したさまざまな資料を収集し、展示・教育を行なう場として計画されています。研究活動や国際交流を進め、それを通じ東アジアの平和実現を目指す予定です」とほざいている。 [中略] 火病韓国を中心とする反日団体は、 アジア諸国間で慰安婦問題による連携を取ろうと画策している。 最も反日な日本左翼、 火病韓国、 中共、 フィリピン、 台湾の団体だ。 4月1日にはこれらの反日団体が東京に結集する。 http://wam-peace.org/20170111-3/ あちらこちらに贋物博物館を建設されたらたまらない。 日本政府も韓国人を見習って、 真実の竹島記念館や歴史博物館を建設すべきだ。 日本人に見せるだけではなく、 例えば対馬に建設し、 韓国人にも真実の歴史事実を教えてあげられる施設を建設すべきだ。 昨年も訪日韓国人は509万人来ている。 真実の博物館を見て目覚める者もいるだろう。 反発して日本に来なくなっても仕方がないだろう。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/3/19
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ アジアの反日左翼どもが慰安婦問題で東京に結集!
掲載日時2017/3/19
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12257650275.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: