2017年3月24日、長谷川豊 「昨日は埼玉維新の会の参院議員支部長の沢田良氏と様々な話をしていました。その中で


発言内容

昨日は埼玉維新の会の参院議員支部長の沢田良氏と様々な話をしていました。

その中で印象深かったのが「豊洲はとっくに安全なのに、何でダラダラと問題を長引かせているのか」という話。

私は以前、朝の情報番組を担当していた関係で主婦の「直観的な感情論」はある程度理解できるところなので、下記のように解説しました。

「豊洲の問題はね『男性脳』ではもう絶対に理解できないんです。科学的に『安全』とか、女性陣にはそんなことどうでもよくって、これは『5年前の浮気が発覚した夫婦』と一緒なんです」

なんだかんだ言ったところで「盛り土をしてなかった」とか、ミスはあったわけで。するとどうなるのか?

「今更『携帯も全部見ていい』とか『昔の事だろ』とか『手帳も全部お前が管理しているのだから、今後は論理的に浮気は出来ないのだ』とか言っても通じないんです。そういのじゃないから。『だから実家から帰って来いよ』って言ってるのが『論理派』の方々。逆効果です。『女性脳』に大事なことはそこじゃない訳で」

沢田支部長、めちゃ納得してくれてました。

「論理」と「感情」は同調できないこともあります。

これが政治の難しいところ。なので、事を荒立てずに出来ることはそのままおとなしいままで通した方が良いのだけれど、小池さんはそれを荒立てることで風を起こした。

こうなると厄介です。

今更「安全です」とかそういう次元じゃなくなってるわけで。しかし、同時にこのままだと激しい税金の無駄遣いです。泥沼ですね。もちろん、責任はメディアと小池さんですけどね。東京都民じゃないからいいけど。

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2017/3/24
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 豊洲の一件は「浮気は昔の事だろ」と言って説得してもムダ、という話。
掲載日時2017/3/24
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/49723008.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: