2017年3月19日、川東大了 「結局、9億の国有地が1億と言う破格の値段で売却された事について、手続き的に問題


発言内容結局、9億の国有地が1億と言う破格の値段で売却された事について、手続き的に問題が有ったか無かったのか? 有ったとしたら、そこに政治家の口利きが有ったのか無かったのか? それにプラスして、虚偽記載の申請で公金(補助金)を詐取(未遂含む)していたのか、否か? これのみが問題。 その人物(法人)の民事訴訟の口頭弁論に出席していようが、いまいが、そこに(選挙区外)寄付をしていようが、いまいが、そんな事はどーでも良い。 無論、国会の答弁に事実誤認(虚偽)があるのは良くない事である。 しかし、森友学園の問題とは(殆ど)関係ない。 敢えて言うなら、森友学園の新設小学校の名誉校長とやらに首相夫人が就任予定だった事については、森友学園を巡る様々な不正疑惑(事件疑惑)に鑑みて「道義的」な責任追及はあって然るべきだと思う。 首相夫人が「私人」か「公人」かの議論にも繋がる話だが・・ まずは、森友学園が何らかの「犯罪」(おそらく立証されると思うが)を犯していたと判明した後に、あくまで「道義的責任」の範疇であるが、責任を追及するのは「あり」であろう。 仮に「知らなかった」とは言えね・・・ まー今回の場合、森友学園(塚本幼稚園)の存在意義自体は「愛国教育」と言う素晴らしいものではあるのだから、これは絶対に応援して当然である。 だから、森友学園を応援、称賛して行為(私もしているが)が批判されるべきではないとも断言する。
発言者川東大了
所属大阪府枚方市議会議員立候補
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/3/19
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2017/3/19
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/843249000467726337
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: