2017年2月20日、鈴木信行 「先週の月曜日に写真の幟の位置で苦情を頂いた御仁と、今朝、お話しした。青砥駅前交番


発言内容先週の月曜日に写真の幟の位置で苦情を頂いた御仁と、今朝、お話しした。青砥駅前交番の警察官が駆け付けたからちょっとした騒動となった。 青砥駅は葛飾朝鮮総連本部が近いので、朝鮮学校への補助金停止を訴えていれば、いつかはぶつかると思っていたのだが、苦情を頂いた御仁は朝鮮総連の人ではなかった。 日本人をもしかしたら朝鮮総連という犯罪組織の者と疑ったのは大変失礼であった。 僕であったのなら、一番間違われたくない対象の組織だ。 よりによって朝鮮総連と間違われたら、屈辱どころではない。 [中略] 実際に葛飾区内の駅頭で演説中に「俺は朝鮮学校出身だ」と目の前で凄む者もいれば、中指を立てて過ぎ去る者もいる。皆さん朝は忙しいから短い時間だけどね。 だから相手の言動によっては強く対処してしまうのだ。強い言動に対しては当然の如く強く対処してしまう。 政治家は選挙を前にして選挙民に土下座するとか、足を踏みつけられても謝るとか。縮こまっているような者はおかしい。 クルマはエコカーに乗り、好きなクルマは乗らないとかもおかしい。 外国人問題に取り組むのに「差別」という言葉を恐れて遠慮すべきではなく、政策として有権者に堂々と主張すべきだ。 朝鮮総連と朝鮮大学校を廃止することが、北朝鮮への制裁になるなら有権者に街頭で伝えるべきである。 法務省が人権を訴えるなら、拉致被害者奪還こそが日本最大の人権問題であり政府の責務だからだ。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/2/20
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 先週青砥駅でトラブった御仁は朝鮮総連ではなかった!
掲載日時2017/2/20
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12249531984.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: