2017年2月11日、桜井誠 「2月9日、日本政府は地方自治体と共同で我が国固有の領土竹島の正当な領有権を主張する


発言内容2月9日、日本政府は地方自治体と共同で我が国固有の領土竹島の正当な領有権を主張するポスターを作成し、日本全国に配布したことが分かりました。時事通信によると、内閣官房領土・主権対策企画調整室と島根県、同県隠岐の島町は「竹島は日本固有の領土」などと書かれたポスター5000枚を作成し、全国の地方自治体に配布したとのことです。この竹島ポスターには桜井もことのほか思い入れがあります。 一番最初の竹島ポスターが作られた直後、不逞鮮人らがまた島根県に押し寄せ抗議が行われるとのことで、有志一同に呼びかけカウンターを行うべく同県に鬼退治に出かけたのです。この時の抗議の様子は省きますが、平日であったため島根県庁(すぐ近くにある)を訪れて毎年毎年大暴れる鮮人対策について伺おうと担当部局に面会を求めたのです。その時、何の気なしに県庁一階のロビーを見渡すと…驚いたことに何と竹島ポスターが一枚も貼られていませんでした。 急きょ、担当部署に対して鮮人対策よりもまず、何故竹島ポスターが貼られていないのか説明を求めたのです。たかがポスターと言えども、そのポスターは今回の竹島ポスターと同じように「税金」で作られた公共物です。その公共物を作りながら、肝心の2月22日に貼り出さずに何の意味があるのか?そう、担当部局の方に詰め寄ると、その方は「島根県には外国人の方も来るので、その人たちに配慮を…」という驚くべき回答をしたのです。その後、島根県庁で「貼らないポスターなら税金を使って作るな」と至極当然の抗議を行いました。 更に翌年、竹島を不法占拠する不逞鮮人がまた来るというので、島根県をまたまた訪れ、ついでに県庁にも立ち寄ったところ、昨年伯耆の国に来た際に一枚もポスターが貼られておらず、閑散としていた県庁が・・・何ということでしょう(笑)壁一面に竹島ポスターがところせましと並べて貼られており、見事に竹島ポスターが県民の、そして取材に来ていた各社の目に、その取材を通じて全国の皆さんの目に映ったのです。 あれから何年経ったでしょうか、次の竹島ポスターが作られ、今度は全国に配布(初代竹島ポスターは欲しい人に発送していた)されたのです。少しずつですが、社会意識が変わり始めています。竹島は我が国固有の領土、韓国は不法占拠している。このことを改めて訴え、そして何としても我々の世代で竹島を取り戻す、決意を新たにするところです。全国の皆さん、2月22日是非島根県に訪れて下さい!
発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2017/2/11
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 竹島ポスターの思い出 ~ 島根県庁との仁義なき戦い ~
掲載日時2017/2/11
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12246467077.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: