2017年1月20日、長谷川豊 「そもそも人口20万人しかいなかった南京市で30万人の非戦闘員の殺害なんて行為は


発言内容

そもそも人口20万人しかいなかった南京市で30万人の非戦闘員の殺害なんて行為は「絶対に不可能」なんです。わざわざ10万人外から連れてきて30万人殺したの?で、その直後の人口調査で南京市は人口が25万人に増えているんですが、これって…どう考えても日本が占領して「そこが安全になったから人口が流入した」と考える方がよほど納得できるんです。

ちなみに、南京市に日本軍が来る直前に人口20万人だったことは、日本軍の調査ではなく、全く関係のない資料から明確になっています。なので、これは確定と考えていい。

となると、本当に「30万人の」南京大虐殺があってみ?

まず、日本軍が占領するでしょ?

で、そこにわざわざ中国の民間人を10万人連れてくるでしょ?

で、30万人を殺しまくるでしょ?一人銃弾一発で殺しても30万発の銃弾ね。

で、その30万体の死体を取り合えず、何らかの手段で焼くなり埋めるなりするでしょ?30万体分を。

で、そこに2・3か月以内に、人口をさらに25万人連れてくるでしょ?

で、生活までさせるでしょ?

で、資料にちゃんと記されてるように占領の4か月後には人口25万人の都市になりました、と。

無理じゃね?

これが中国側の主張している、というか世界的には東京裁判でも認定されている「南京大虐殺」を「実際に行った時の動き」ね。私はそんなもん不可能でしょうがって言ってるわけです。

で、問題はここ。

さすがに日本で大虐殺がぁぁぁって言い続けてたサヨク軍団(&サヨクメディア)=日本をディスりたいだけの人たちは

「お、おう…これはちょっと無理あるかな」

ってな話になって、途中から「南京大虐殺」を「南京市における何らかの虐殺行為」って話をすり替え始めたわけです。

ちょっと待て、と。

ええとですね、今の(現在の)日本であっても「猟奇的殺人」や「女性へのレイプ」などは日常的に起きてます。「ほほう」さんは「人数が問題なのでしょうか?」と質問されてるんですが、もちろんです。問題なのは世界的に東京裁判で認知された「30万人の虐殺行為」があったかなかった?が大問題なんです。

だって、当時なんてそもそも戦時中でしょ?

世界中で「目を覆いたくなる虐殺行為なんて当然あった時代」です。そんなの、あって当然でしょう。「人数」は大問題です。だって、東京裁判では「人数」が問題視されてんだから。それで死刑判決とか出てんだから。

 

でも、絶対にないその虐殺話も、もう中国側が今回のAPAホテルの件みたいにピーピー騒いでも面倒くさいし、宗教同然に洗脳されきった軍団を相手にするのも疲れるし、そのピーピー軍団を利用しようとする朝日・毎日のサヨク系メディア軍団も面倒だし、選挙もどうせすぐにあるし・・ってんで、中国も刺激しないように、でも日本人にはそもそも「世界で常識化してしまっている大虐殺なんてないんだよ」って言うメッセージを発信できるように細心の注意を払って書かれたのが、

例の70年談話

です。後、それに付随する「ほほう」さんが見た外務省のHPですね。よく読んだら分かるでしょ?認めてないから。全然。(もちろん、何らかの虐殺は他国同様にあったと思う、でも人数とか全然分かんないですよね、と。そしてやっぱりそれら(虐殺行為)は許せないですよね~と書かれてます)

 

元谷会長とかが必死に言ってるのは「世界の常識となっている大虐殺はなかった」ってことなんです。なので、ワザワザ英語に翻訳して、ワザワザ外国人旅行客も来る部屋において、日本人の先輩方や親世代の名誉を回復させたいなーって考えているのがAPAグループってわけです。

「ほほう」さんも、ぜひ日本のサヨク系メディアの誤魔化しに乗らないで、世界的な話をちゃんと受け止めてみてほしいんです。日本のサヨク系はごまかす為に「南京事件」って言ってるんですけれど、世界はそんなこと一言も言ってないから。世界中での認識は「南京大虐殺」。日本の我々のおじいちゃん世代は「鬼畜だ」「虐殺人間たちだ」って言われてるんです。これは少し世界に出れば誰でも知ってる話。

 

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2017/1/20
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 アパホテルに激励殺到「言論弾圧許すな」1万件以上 全客室に「南京大虐殺」否定本(zakzak)
掲載日時2017/1/20
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/49321034.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: