2016年9月25日、長谷川豊 「私は、■本人に全く非がない腎疾患の方への透析治療は何が何でも国が全額負担すべき


発言内容

私は、

■本人に全く非がない腎疾患の方への透析治療

は何が何でも国が全額負担すべきだと信じています。彼らは何一つ悪くないからです。

■かなりグレーゾーンであっても本人の責任とは言い切れない方への治療

これも国で全額持ってあげるべきだと信じています。法の世界にも「推定無罪」の原則があります。グレーであれば、それは助けてあげるべきです。

が!

医者の言うことを何にも聞かず

医者が処方する薬も正確に飲みもせず

看護師に暴言を吐き

家族が止めても酒を飲み続け

「うまいもん食って何が悪いんだ!おらぁ!」

と暴れ…

その結果、人工透析まで至った患者がいますよね?

正直に答えてくださいよ。

大変申し訳ないが、かなりの数、いますよね?

そういう人たちにまで、「全額を国で負担しましょうね~」なんて…そんなシステム…

もう持つわけないでしょうが!!!!

あなた方の気持ち、そしてあなた方の理念はとても素晴らしいと思う。あなた方の活動によって救われている患者が全国にたくさんいると思う。

が。

時代は動いています。もう、高度経済成長期ではないのですよ。あまりにも苦しい経済事情の中、高すぎる保険料と税金をしょっ引かれている現役の子育て世代の皆さんのお気持ちにもちゃんと思いやりを持つべきです。責任ある社団法人の、それは勤めではないですか?あなた方は透析患者と透析病院の「利権集団」のおつもりか?

だとしたら、とっとと解散すべきだ。そんな集団は今の時代に合わない!

 

全腎協の会長さん、そして関係者の皆様方。

大変申し訳ないが、あなた方の組織に所属すると思われる、大量の方々から、私並びに私の家族を脅迫するメールと文書が毎日大量に送られてきている。

何でしたら、あなた方のオフィスに出向きます。で、実際にあなた方の組合員から、どんなメールが来ているのか、お見せしてもいい。

全腎協とは脅迫集団なのか?

どんな脅迫文が来ているのかこのコラムで全部晒してもいいが、そんなことをしてイメージが地に落ちるのはあなた方全腎協のはずだ。私の元に届く脅迫メッセージも、あなた方の名誉が落ちないように、今私が一つ一つ、丁寧に削除しているところです。

全国の腎臓疾患を持つ皆様方にネットワークがあるのでしょう?

私だってこのままいけば明らかな犯罪行為には、法的な対処をせずにいるわけにはいかない。家族のためにも。

その時に、「全腎協の人間が長谷川に脅迫を…」とニュースが流れるのは防ぎたい。

あなた方からも、長谷川個人への、明らかな脅迫・殺人をにおわせるメッセージや書き込みを止めるように呼びかけることをお願いします。

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2016/9/25
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 人工透析の現場と現実
掲載日時2016/9/25
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48520881.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: