2015年11月3日、長谷川豊 「昨日、およそ3年半ぶりとなる日韓首脳会談が行われ、相も変わらず、パク・クネ


発言内容

昨日、およそ3年半ぶりとなる日韓首脳会談が行われ、相も変わらず、パク・クネ大統領が「従軍慰安婦問題」について四の五のと言ってきていた。

そもそも、このパク・クネというおばちゃんは就任直後にアメリカにわたり、米韓首脳会談を行った。皆さんも覚えてる方もいらっしゃるだろうが、その、「就任直後」の「アメリカ大統領との会談」の中で、

日本の悪口を言い続け

て韓国に戻ったおばはんだ。2013年5月17日の事である。知らない人はネットをググれば全部出てくる。ハッキリ言って私はドン引きした。それ以来、基本的な私のブログやコメントでは、このパクというおばちゃんのことを「朴槿恵大統領」と表現したことはほぼなく、「パクおばちゃん」「あの日本嫌いのおばはん」と表現してきた。

就任直後のアメリカ大統領との会談で、隣国の悪口言い続けるおばはんを「一国の大統領」と認める気になれなかったからだ。大統領というよりも、人としての品性の問題だった。

それ以来、安倍さんが何度呼びかけても会談には応じず、しつこいくらいに「反日」「対日」の姿勢を取り続け、韓国国内の右翼勢力からの支持を守ってきた彼女。ここに来て結局日韓首脳会談に応じたのは、ニュースで伝えられている通りで

結局、支持率が落ちすぎたためだ。

悪口、けっこう。それが的を射ていることならどんどんケンカしていいだろう。が、はっきり言って、彼ら・彼女らの言っていることは「ただのいちゃもんレベル」のものだ。

そもそも、韓国と日本が併合された歴史が…とか言いたいことは山ほどあることは事実だが、韓国側の言い分を飲む形で、1965年に日本は8億ドルという、当時では考えられない金額を実際に支払っている。

8億ドルよ?当時の韓国の国家予算の2,3倍相当の額よ?

軍事用資産も含めると、もう考えられない金額を韓国に支払い、韓国と日本の両国で「日本と韓国の戦後の保証は終わったのです」という協定が結ばれた。それが「日韓基本条約」である。その協定第二条1に記されているのが

「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」

という文言だ。誰でも確認できる。間違いなくそう書いてある。そこまでして、両政府の間で正式に合意して協定まで結んで…まだ、金を要求してきているのだ。安倍さん、頼むからほんと…もう相手にしないでほしい。最近の安倍さんはかなり中道を言っているとは思うし、だから人気も上がっているのだろうが、下記のニュースを見た。

●安倍首相、「従軍慰安婦」問題解決へ「交渉で一致点見いだせる」

頼む、頼むから安倍さん、目を覚ましてくれ。

韓国政府は金をほしいだけだ。韓国政府はこちらが誠意を見せても、どれだけ折れても、金をふんだくった後で数年もすれば、また何かのいちゃもんをつけてくる。そして金をせびってくる。

 

私は当ブログの中で、よく「バカ」という表現を使う。あえてカタカナで記しているのだが、これには意味があるから書いているのです、という話を書いたことがある。

世の中にはたくさんの人がいる。

世の中にはたくさんのクニがある。

なので、その全ての人と理解しあおうと思わなくていい。全ての人と合意なんてしなくていいのだ。残念なことだが…

相手にする価値のない人や国は存在する。

いや、正確に言おう。相手にすることで時間と労力を浪費するだけの百害あって一利なしの存在はいるという事実を指摘したいのだ。

例えば、私が上記したような主張をしたとしよう。

100%そうなるので予言しておくが、ネット上にはバカ左翼たちが必死になって書き連ねるのだ。

「長谷川はネトウヨだ!」

「長谷川はウヨクだ!」

「戦争したいんだぁぁぁぁぁぁぁ!」

そんな書き込みしてるバカ共、相手にする必要があるだろうか?完全に時間の無駄である。行き過ぎた連中がいれば警察に届けてサイバー班に任せておけばいいのだ。

私は、国際的に認められている日韓基本条約の条文を引用して、「論を立てている」だけだ。これを「立論」という。ネトウヨでも左翼でもなんでもない。

私は「普通」のことを「普通」に言ってんだ。

右翼や保守層の姿を知りたいならアメリカのテキサスにでも行って来い。本物の「右翼集団」がどれだけ過激なのか知れるだろう。アホ左翼は「普通のこと」と「ウヨク」を一緒にするくらい、「論を立てて話をすることができない」集団だ。もうほっとくしかない。

 

話がそれたが、韓国の要求は自国の政府の成し遂げた日韓基本条約を完全に無視するものだ。

安倍総理にお願いしたい。

「子や孫の世代に遺恨を残したくない」

のであれば、ここは毅然と突っぱねるしかない。ナァナァにすれば、必ず、次の世代に遺恨が残る。朝日新聞の書いた与太記事をまんま裏も取らずに1992年1月の日韓首脳会談で宮沢元総理が、あれだけペコペコと頭を下げ謝罪しまくって

とりあえず、謝っとこう

とりあえず、下手に出よう

ってやった結果が、今に続くこの体たらくの元凶だ。もとをただせば、朝日新聞をそのまま信じた1990年代の自民党のバカリベラル軍団の失敗がここまで話をこじらせているのだ。

相手にすべき価値のない相手はほっておく。

聞く必要のないいちゃもんは無視しておく。

そんな当たり前のことをするのはウヨクでもなんでもなく「普通」のことだ。それを「けしからん!攻め込め!名誉のために!」って言い始めたら極右だが。

安倍さんにはどうか、このまま「普通」でいてほしい。パクおばちゃんが態度を豹変させて日韓首脳会談に応じたのも国内世論に負けて支持率稼ぎに来ているだけのこと。失礼な態度を取り続けたおばはんなんてほっとけばいい。どうせ早晩失脚する。対して安倍総理は2017年…いや、ひょっとしたら2020年までは総理を続けることだろう。無視が一番だ。

 

若しくは、韓国政府筋は

「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」

という両国の合意をなぜ無視するのか、せめてその説明を聞いてほしい。「戦後の話」は「完全」に「最終的に」終わったのだ。なので、あれほどの金を支払ったのだ。

「従軍慰安婦問題」などという問題は、世界に存在しない。「最終的」に「決着して」いるからだ。今あるのは「ヤクザ同然にイチャモンを言い続ける韓国政府の金せびり問題」があるだけだ

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2015/11/3
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 「従軍慰安婦問題」などという問題は存在していない
掲載日時2015/11/3
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/45894915.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: