2015年7月1日、長谷川豊 「1、従軍慰安婦問題は、そもそも悪いのは昔の自民党です従軍慰安婦の問題に関して


発言内容

1、従軍慰安婦問題は、そもそも悪いのは昔の自民党です

従軍慰安婦の問題に関しては、朝日新聞が宮澤喜一元総理の訪韓の直前に報じた内容であるために、確認作業がままならなかったとはいえ、世界的な認識として…例の91年1月の日韓首脳会談において、宮沢元総理が

「総理として謝罪した(しかも何度も)」

事が、国際的なエクスキューズになっているのです。朝日新聞が何を書きましたってのじゃあなくて、「国の総理」が認めて「謝罪した」から追及を受けることになったのです。国連も、河野談話をはじめとする政府見解を受けて、方向性を見定めているのです。と、言うことは従軍慰安婦問題は、自民党としては朝日新聞に責任を押し付けたいかもしれないですが(その気持ちも分かるのですが…)、

単純に昔の自民党が悪いんです。

吉田証言という世紀の大ウソを信じ込み…「取りあえず謝っとこう」という、国際的に完全にアウトな対応をした昔の自民党のミスなのです。国際的にみると。恨みつらみを言いたくなる気持ちは分かりますが、従軍慰安婦問題に対して、自民党はあまりグデグデ言わない方がいいと思います。

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2015/7/1
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 2度目の大西議員叩きはなんだか違う気がする
掲載日時2015/7/1
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44617557.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: