2014年6月9日、長谷川豊 「講談社のマンガ誌「モーニング・ツー」で漫画の編集後記に次の文面が載ったそう


発言内容

講談社のマンガ誌「モーニング・ツー」で漫画の編集後記に次の文面が載ったそうです。

「もしオボカタさんがブスだったら、STAP細胞はないと思う。ブスはひねくれているからウソばっかり言う。その点、美人はウソを言わなくても、みんながチヤホヤしてくれるからウソは言わない」

で、講談社さんがお詫びと謝罪文掲載。

「視聴者の皆様に不快な思いをさせて申し訳ない」

「社員教育を徹底させる」

といういつも通りの展開。もうね~…

最近、こういうの多すぎてなんなんだって気がしてきます。

 

まず、今回の件、そら、この編集後記は怒られることは分かります。そんな程度、誰だってわかる。

ただ、こんな文章、ただのボケでしょ?ツッコミ待ちの文章でしょ?面白くないだけで。ブスがウソつきで美人がウソつかないなんてそんな訳ないだろ。ってだけの話です。

その程度、これを書いた編集者も分かってると思うんですよね。分かってるから、それを逆手に取ったボケでしょ、と思う訳です。それを踏まえたうえで、僕は今回の話…

講談社さんの対応が間違っていると思います。

[中略]

そして、もう一点として、出版社でしょ?マスコミでしょ?講談社さん、マスコミとして、最も大切なことは「表現の自由」だと思うんです。そこ、忘れてないか?と。

自分たちの社員が冗談の一環として、編集後記で書いたんだと思うんですよね。それを編集長さんや他のスタッフも理解した上で、あの一文を載せたはずなんです。

なんで謝る?

発言者長谷川豊
所属千葉県衆議院選立候補
所属団体日本維新の会
発言日時2014/6/9
発言場所長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論
情報源長谷川豊公式ブログ 本気論 本音論 講談社の対応は間違っている
掲載日時2014/6/9
掲載元URL

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/38545371.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: