2017年2月9日、桜井誠 「CNNが「日本軍が韓国などで20万人の女性を強制連行し性奴隷にした」などと慰安婦問


発言内容

CNNが「日本軍が韓国などで20万人の女性を強制連行し性奴隷にした」などと慰安婦問題を伝えています。もちろんこれは虚報以外の何者でもなく、日本政府も菅官房長官が「そのような事実はない」と虚報に即座に反応しました。しかし、巨大ネットワークのCNNに一度巻かれた反日虚報、プロパガンダは世界中にばら撒かれ、今更ながらに日本側が反論してもCNN側が虚報であることを認めない限り、対抗手段がないのが現実です。CNNは嘘吐きメディア(フェイクニュース)と非難するのは簡単ですが、それを世界中に張り巡らされた巨大ネットワークの影響下にある人に知らしめるのは至難の業なのです。

もちろん、米国ではトランプ大統領がCNNを「フェイクニュースだ」と非難していますが、いうなればこれも外圧頼みであり、日本が主体となってCNNの伝えた虚報に反論する機会が無いのが現実なのです。そして、この虚報の裏付けになっているのが、安倍総理が韓国に頭を下げ、十億円もの巨費を売春婦たちにプレゼントした、売国合意「日韓合意」だったのです。欧米の人間は人権問題にはことのほか五月蠅く(その実、自分たちがしでかした人権侵害には目もくれませんが)、昨年の日韓合意で日本が頭を下げたことを世界のメディアは

「韓国人性奴隷に対する日本の賠償を機に、過去の残虐行為を金銭で解決しようとすることの是非を問う」ウォールストリートジャーナル紙

「毎日40人の男とセックス。おぞましい”慰安婦制度”に日本がついに謝罪」ザ・サン紙

「日本が戦時中の姓奴隷システムを認めたことが、幼い少女を恐ろしがらせる」オタワ・シチズン紙

などと伝え各社一様に「日本側が強制連行された哀れな被害者に謝罪した」と報じているのです。このことから分かる通り、今回のCNNの虚報もこの流れに沿っており、いくら日本側が虚報だと喚いても、「でもお前たちの代表者(安倍総理)が韓国に謝罪したじゃないか」で終わってしまうのです。

今回の問題を覆すには単純な計算で十分です。戦時性奴隷とやらが20万人、さらに日本人慰安婦も含めれば100万人の慰安婦がいたことになります。そして海外派遣皇軍兵士は当時三百万人でした。この三百万人(上は元帥から下はロボット三等兵まで含めて)が連日、何度も慰安所に通わなければ、とても百万人の慰安婦を賄うことなどできなかったのです。しかし、この主張を「世界に」伝える手段がないのです。世界どころか、我が国メディアもこうした主張を取り上げることはなく、結局どんな歴史的事実であろうと、メディアの意に沿わない事実は載せられることはありません。

そして、その最悪の状況に拍車をかけたのが、日韓合意だったのです。これを認めて「安倍ちゃん流石」「安倍ちゃんは外交上手」などと馬鹿を抜かす安倍ンジャーズらの姿に驚きと憤りを覚えます。彼らはどんなに日本の名誉が傷つけられ、過去の日本人が強姦魔だと罵られても、現在の自分たちが豊かならそれでいいと考えています。しかし、それはいつか手痛いしっぺ返しとなって返って来るものなのです。そのしっぺ返しの第一弾がCNNの虚報だったのではないでしょうか。

発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2017/2/9
発言場所Twitter
情報源Doronpaの独り言 CNNの虚報 フェイクニュース 「戦時性奴隷20万人強制連行?」
掲載日時2017/2/9
掲載元URL

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12245898344.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: