2017年2月1日、中谷良子 「私はこの陳(福山)哲郎という人間を心から差別いたします。なぜなら日本国民の生命・財産


発言内容〔1月30日の参議院予算委員会で、民進党の福山哲郎議員がヘリ強奪を「大した犯罪ではない」とする認識を示したことについて〕私はこの陳(福山)哲郎という人間を心から差別いたします。 なぜなら日本国民の生命・財産を守るための政治をしているわけではなく、国家転覆を図ろうとしているテロリストたちの味方をしているからです。このような者は日本人に帰化していらん。 というより、蓮舫も陳哲郎も日本のための政治ではなく、赤い国々に日本を献上するために議員バッジを付けているようにしか見えません。 とにかくこの日本には似非日本人が権力を持ちすぎ、言論空間で取り上げられすぎです。先日のアパホテル炎上事件においても李小牧という帰化人が「アパホテルは謝罪すべき」とのコラムを書いており、日本も韓国同様、大量のなりすまし反日朝鮮人が戦後、大量に攻め入り、重要な権力の中枢を確保してきた結果であり、日本も北朝鮮や一党独裁国家の支配下に置かれている現状を真剣に考えなくてはなりませんね。 純粋な日本人だけならテロリストを取り締まる法律に対して3度も廃案に追い込まれるわけがありませんし、スパイ防止法だって、とっくに制定されていたはずですし、日本を他国の脅威から守るために反対を声高に叫ぶわけがないのです。しかもイギリスにおいては国民の過半数がテロや犯罪によって国民の生命が脅かされるのであれば、監視カメラ等を増設することもやむを得ないと調査結果として出ており、イタリアにおいてもマフィアから政治屋の汚職摘発まで盗聴と隠しカメラによる証拠固めです。 〔中略〕 現代の日本人はずっと外敵から侵略されたことがなく、国内においても外国人スパイがこれだけ多数を占めていることすら気づいておらず、温室育ちで危険と隣り合わせで生きていないため、認識が甘い。その甘さに組織犯罪者集団やテロリストが隙をついてどのようなことを仕掛けてくるのかは、どなたにもわかりません。 〔中略〕 もちろん日本の政府内も自公政権、野党などに赤い国々の息のかかった議員がいるので情報は筒抜けですし、韓国同様、半分以上乗っ取られている感があり、難しいとは思うのですが中途半端な覚悟では、すべて中途半端に終わってしまう恐れがあると思いますし、少しずつの進歩も理解できなくはないのですが、世界は猛烈なスピードで回っており、日本は深刻な遅れをとっているのです。 世界では憲法改正もスパイ防止法も法制化されているにもかかわらず、日本では満足に法整備を整えることができない日本が異常なのです。 しかも陳哲郎のような支那のスパイ議員かと思わせられるような人が国会で「ヘリをかっさらうのは、たいした犯罪ではない」と公言し、ISなどのテロリストを擁護し、ヘリを乗っ取ることがテロ行為で、犯罪行為であることが判断できず、常識では考えられないとんでもない見識を国会で披露しています。この人に、日本を愛しているという気持ちが微塵も見えません。 原子力規制委員会が想定する原発施設への航空機の意図的な落下などの懸念があるのをご存知ないとは議員としてお勉強不足ではないでしょうか。 想像を絶する日本人のメンタリティとは思えない、国民をバカにしている陳哲郎に皆様の怒りの声をお届けください。国民の過半数53%は今回の法案に賛成していると調査で明らかになっているのですから、もっと堂々とし、臆することなく、詰めの議論を深めていただきたいと思います。
発言者中谷良子
所属大阪府大東市議選立候補者
所属団体無所属
発言日時2017/2/1
発言場所中谷良子のブログ
情報源中谷良子のブログ 【ご協力のお願い】テロを擁護する民進党・陳哲郎に抗議を
掲載日時2017/2/1
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ryobalo/entry-12243269492.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: