2017年2月3日、中曽千鶴子 「和歌山市は朝鮮学校補助金を停止した。兵庫県はいまだに毎年一億円近い補助金を支給


発言内容和歌山市は朝鮮学校補助金を停止した。 兵庫県はいまだに毎年一億円近い補助金を支給し続けている。 川西市での私の拉致問題の活動に、同じ県立高校でも 兵庫県立川西明峰高校の校長先生や教頭先生は理解を示して下さり 生徒にも伝えて下さった。 兵庫県立川西明峰高校は素晴らしい。 また、兵庫県立猪名川高校も拉致問題のポスターを掲示、 川西市立多田中学校は、夏休みの人権問題作文の中から拉致問題を憂う生徒の 作文を取り上げ人権教育をされておられた。 拉致問題啓発は人権教育課題として、文部科学省が定めていることであるから 啓発、拉致問題人権教育は学校内で積極的に行うべきである。 しかし、朝鮮学校補助金の再開を求める署名を一教員が、個人的に保護者に求めるというようなことは、極めて政治的であり、問題である。
発言者中曽千鶴子
所属兵庫県川崎市会議員立候補
所属団体無所属
発言日時2017/2/3
発言場所秋田美輪さんを救う川西市民の会・教育をよくする会 中曽千鶴子ブログ
情報源秋田美輪さんを救う川西市民の会・教育をよくする会 中曽千鶴子ブログ 朝鮮学校への補助金交付求める署名、保護者に依頼 和歌山県立高ラグビー部顧問の男性教員
掲載日時2017/2/3
掲載元URLhttp://ameblo.jp/chiruko12/entry-12244141766.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: